So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ツーショットサイトのエロ度

ツーショット=ヤリ友な考えなのかしら?
まぁメールだけがいいって人も中にはいるだろうけど
最終的にはどうせ出会い系つかってるいじょう会ってHでしょ?
付き合いたいって思ってやってる人って・・・
たぶん全体の10%・・・5%・・・3%くらいかな?
今までの経験上。

ツーショットの年末ジャンボ宝くじ発売 “億万長者”は前年比倍の444人誕生

 1等と前後賞を合わせて3億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」が24日、全国で一斉に発売され、「夢」を求めて、東京・銀座の西銀座チャンスセンターなどに朝から大勢の人が並んだ。

 1等(2億円)が74本、前後賞(5千万円)が148本。2等(1億円)も370本。3等(100万円)は7400本。特別賞の「年忘れラッキー賞」(3万円)も7万4000本ある。

 1等と2等の本数を合わせると億万長者は昨年比で倍増、444人誕生する予定だ。1枚300円。12月24日まで販売し、抽せん会は同31日に東京都港区のメルパルクホールで行われる。

1等と2等の本数を合わせると億万長者は昨年比で倍増 配当金自体が倍増なのかわからんが こんなにあっさり増やせるなんて今までどんだけ胴元ぼってたんだよw

昔のコンドームは・・・

コンドームの先祖は「かぶと型」なんだそうです。
「かぶと型」は、コンドームのルーツとしてペニスに被せて避妊の役目をします。
これは江戸時代に使用されていたもので、べっ甲や水牛の角で作られて、亀頭にかぶせていた記録があります。べっ甲や、水牛の角で作っていたのであればどんなに薄く作っても、男性への性感は完全に阻害されていたと思われます。
最新の2ショットダイヤルサイトは無料で
ツーショットダイヤルを楽しめる昨日が満載です。

感度のいい女性

感度を良くするためにこんな方法があるんです。
映画などでも観たことがある人もいると思いますが、氷を使う方法です。これは特に敏感な部分、乳首やクリトリスに効果的です。氷なんて冷たいじゃない!と思うかもしれませんが、氷じゃなくても、指先を少し冷やして愛撫をするのでも構いません。
2ショットに慣れてくると病みつきになる快感ですよ。
エロいツーショットサイトにも感度の良い女性はたくさんいますが
ツーショットダイヤルの方がまだ多いとおもいます。

一発芸より実力重視!? “ネタ見せ”番組相次ぎ終了

「エンタの神様」(日本テレビ系)や「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)など、ここ10年ほどブームだった若手芸人による“ネタ見せ”を中心としたレギュラー番組が、今年に入って次々と終了している。若手芸人の登竜門が消えることについて、お笑いの関係者からは「時代はネタよりトーク重視に移っている」「今後は“一発芸人”ではなく、実力ある芸人だけが残るだろう」などの声が聞かれる。(萩原万貴枝)


 芸人たちのネタ見せレギュラー番組に“異変”が起きたのは、この春。平成11年にスタートしてブームの先駆けとなったNHK総合の「爆笑オンエアバトル」が3月に終了し、後続の「オンバト+(プラス)」は放送を月3回に縮小。ブームを牽引(けんいん)した「エンタの神様」や、中堅芸人らも出演したTBS系「ザ・イロモネア」も同じく春で姿を消した。

 さらに、フジ系「爆笑レッドカーペット」は8月、同番組から派生した「爆笑レッドシアター」も今月8日に最終回を迎えた。

 ブームは何だったのか。芸人の日々の動向を追うニュースサイト「お笑いナタリー」の遠藤敏文編集長(36)は、ツービートらが活躍した昭和50年代半ばの漫才ブーム以降、目立ったネタ見せ番組がなかったことを指摘。「平成4年開始のフジ系『タモリのボキャブラ天国』で爆笑問題のギャグが注目されるなど、『ボキャブラ』の成功が『ネタをもっと見たい』という視聴者ニーズを高め、ブームの下地を作った」と説明する。

 ブーム中は、「ギター侍」として人気を得た波田陽区(はたようく)(35)や、桜塚やっくん、エド・はるみらがブレーク。しかし、一時は20%以上の視聴率を誇った「エンタの神様」も、2年ほど前から徐々に低迷、昨年秋以降は1けた台を記録することが多くなっていた。芸人たちの浮沈も激しく、一発屋と揶揄(やゆ)される者も少なくない。

 民放バラエティーに携わる放送作家は、ネタ見せ番組縮小の一因を「時代はネタよりトークだから」と説明する。「コストを抑えて視聴率も取れるのは、トークやクイズを主体とした番組。そこで必要とされているのは、じっくり練ったネタより、素早く気の利いたコメントができる頭の回転の早さだ」

 お笑い芸人が所属する事務所の関係者は「実力がそれほどないのに露出する機会だけが増えていた」とし、ブームの衰退には芸人本人の力不足があるとした。遠藤氏も「ショートコントを次々見せる番組が増え、若手芸人の発掘スピードが非常に速くなった。テレビに出して面白い芸人はすでに掘り尽くされ、視聴者にも飽きられたのではないか」と指摘する。

 ただ、ブームの中で生まれた「M-1グランプリ」など、ネタで勝負する芸人たちの大会は着実に定着。事務所関係者は「今後はライブなどで地道に力を蓄え、ネタに実力のある芸人だけが最終的には残っていくのでは」と話している。

加護亜依が、革のベスト&網タイツ姿の大人セクシーに大変身! 「…ダレ?」

加護亜依さん(22)が、9月11日から連続公開される『ミレニアム2 火と戯れる女』『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』のトークイベントに出演し、映画の見どころなどを語りました。

『ミレニアム2 火と戯れる女』『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』は、世界的ベストセラー小説を映画化した『ミレニアム』の続編。
パンク風ファッションの天才ハッカーが巨悪組織に挑むミステリーで、加護亜依さんは主人公を意識した網タイツスタイルで登場。

いつもとは全く違う加護亜依さんに、ネットでは「加護と言われないと誰だか分からないレベル」と困惑した様子です。

画像はこちら
トラックバック(0) 

NASA 「火星に人面岩があるとかぬかす馬鹿共、この画像を見てもまだ人の顔だと言う気か?」

ついに火星探査機MROが『火星の人面岩』の正体を暴いた! 驚きの事実とは

ついに『火星の人面岩』の正体が明らかになった。火星人の遺跡説や異性人の基地など、
さまざまな憶測が飛び交っていた『火星の人面岩』だが、ついに驚愕の正体が判明したのだ!!

イギリスのニュースサイト『デイリーメール』電子版が伝えたところによると、あの岩はただの大きな
岩山だったという。NASA(アメリカ航空宇宙局)は30日、火星探査機『マーズ・リコネッサンス・
オービター(MRO)』に搭載している高解像度カメラ(HiRISE)で撮影した写真を公開。火星の
表面より300キロメートル上空から撮影された写真は、『火星の人面岩』の姿を克明に写し出している。

NASAによると『火星の人面岩』は、Martian砂漠の中央付近に位置する大きな岩山だった。
中心部分の大きな岩が人間の頭部に、その岩の間に出来た影が人間の目や鼻、口に見えたと
説明している。なお、この写真は25日に撮影されたもので、火星の北側を写した多くの写真のなかの1枚だとか。

『火星の人面岩』とは1976年にNASAの『バイキング1号』が撮影した火星表面の写真に写っていたもので、
人の顔のように見える岩のこと。当時、NASAは「岩山が偶然に人の顔のように見えるだけ」と説明していたが、
噂が独り歩きを始めていろいろな仮説が生まれた。

神秘に包まれている宇宙だけに、ただの岩山だったとは少し残念な気がしないでもない。『MRO』が
新たな発見をしてくれる日が楽しみだ。

トラックバック(0) 

『エンタの神様』を目指した『あらびき団』が、エンタに逆転勝利した日

[TVツッコミ道場]

 今回ツッコませていただくのは、6月22日放送の『あらびき団』(TBS系)。1週前の15日放送分から2週にわたって「初顔SP~あらびき団地~」と銘打って、初顔の芸人ばかりが出演した企画。"あらびき芸人"として認められると、"あらびき団地"へ入居できるという形で、VTRを見てライト東野(東野幸治)とレフト藤井(藤井隆)が合否のジャッジをしていく。入居が認められると2回目以降の出演も可能というシステムで、番組内オーディションの体もとっている。

 この日、最後に登場したのが、平井堅の曲を歌いながらフリップ芸をするヒライケンジと、コウメ(小梅)太夫。かつて『エンタの神様』(日本テレビ系)で人気者だった2人の芸人がやってきた。『あらびき団』がスタートしたときには、「『エンタの神様』に送り出せるような芸人を育てていきたい」と、ことあるごとに言っていたが、まさか行き場をなくしたエンタの芸人の再チャレンジの場になるとは、思ってもみなかった。

 さて、『エンタ』からやってきた人気者ふたり。しかし、どちらも、「『エンタ』に出てたころは週に○本仕事があったけど今は......」という、自虐ネタ被り。入居審査の結果は、ヒライ→×、コウメ→○と、明暗を分けることになった。

 粗い芸を、悪意ある編集や絶妙なカット、そしてMCのいじりまで含め、総合的に面白く見せるというスタイルが新鮮で、また評価される機会の少なかった芸人がスポットを浴びる場としても機能した『あらびき団』。はるな愛、世界のナベアツ、エハラマサヒロ、ガリガリガリクソンなど、『あらびき』出演以降メジャー化していった"あらびきスター"も多い。どぶろっくやダブルネームなどは、『エンタ』の常連となり、まさに当初の目標は達成されていた。

 ただ、この「あらびき」というくくりがメジャー化し、「あらびきっぽい」と言うような表現も生まれるようになった。よく東野と藤井が、自分たちで『あらびき団』のことを「掃き溜め」とか「吹きだまり」とかいう類の表現をしているが、掃き溜めのはずが、気づいたら"登竜門化"してしまっていた。"掃き溜めの本流化"という矛盾めいた状態だ。

 今回入居OKになったコウメさんも、芸そのものが面白かったというよりも、「あのコウメ太夫が『あらびき団』にいる」という「状況」が面白く、今後エンタ芸人が『あらびき団』に出演するようになるわけではないだろう。ギター侍はいらない、と東野も言ってたし。残念。
(太田サトル)

「埼玉最強の中学生」 逮捕

「埼玉最強の中学生」を逮捕 賭け強要し恐喝の疑い
警視庁少年事件課は27日までに、賭けマージャンの負け金として現金1万円を脅し取ったとして恐喝の疑いで東京都板橋区の
無職少年(16)を逮捕した。

同課によると、少年は中学3年生だった昨年4月に埼玉県内から板橋区へ引っ越し、中学生の間で「埼玉最強の男が板橋に来た」とうわさになったという。
けんかが強く、ナイフを見せたり、暴行したりして賭けマージャンを強要していたという。

逮捕容疑は今年2月、当時別の中学3年だった板橋区内の少年(15)にマージャンの
負け金の支払いを求め、1万円を脅し取った疑い。

同課は、知り合った中学生5人から計40万~50万円を脅し取ったとみて調べている。
支払いに困った被害者の少年ら4人が昨年7月、同区内でひったくりをしようとして逮捕
されていた。
トラックバック(0) 

ビビアンスー

ビビアンスー可愛いわぁ。
ほんといつまでも変わらないね。
しばらく画像に見とれてしまった。
整形するなら私もあんな顔にしてほしいものだわ。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。